複数の金融会社から借金のある方は、ひとつのカードローンでまとめたほうが利息の負担も軽減できることもあるので検討してみましょう。

借入れ先が複数あると返済日もバラバラで管理にも手間がかかります。

金利は借入れ限度額が高いほど低くなるので、少額で複数社で借りているより、1社で高額の借入れ限度額で融資を受けるほうが金利の面でもお得です。おまとめローンを組むなら、銀行のカードローンなら金利も低くく、おまとめローンとして積極的にサービス展開している商品もあります。

銀行のカードローンであれば総量規制の年収の3分の1以上の融資を受けることもできるので、おまとめとして可能性があります。

おまとめローンを組んだ場合の注意点は毎月の返済額です。毎月、最低返済額というような少ない返済をしていると返済期間が延びてしまい、そのぶん利息を支払う期間が長くなってしまいます。

せっかくおまとめをしたのに利息の支払いがかさんでしまえば意味がありません。ですので、おまとめローンを組んだ場合は返済することに専念して、できるだけ早く借金を返済することを心がけましょう。

金融会社の公式ページには返済シミュレーションが用意されています。おまとめローンを組んだ場合の返済期間や利息額などを計算して、毎月どのくらいの金額を返済していけばいいのかを計画してみましょう。