キャッシングやカードローンを利用するときにはお金が必要だからこそ、借りるわけですけど、そのときには返せる充てがちゃんとあるのか?ということは絶対に考えないといけません。

何らかの事情でお金が必要になったときにお金を借りて、その場をしのぐことはできます。しかし、お金を借りるということは、借りた金額に利息を足した分の返済資金がまた必要になるわけです。

つまり、キャッシングやカードローンを利用する段階で、必要だった金額よりもさらに高い金額がまた必要になるということを意味しています。

そう考えると、返済できる充てがなければ、最初にお金が必要だった時よりもさらに悪い状況を招いているということになるのです。

だからこそ、どうしてもお金が必要になったときがあったとしても、返済できる充てがないのにキャッシングやカードローンで借りてしまうと、返済資金という形でその必要なお金の金額そのものがさらに増えるということになります。完全に悪循環になってしまうので、返済できる充てがあるときには良いですが、それがないときにはどうしてもお金が必要だとしても、よほどのケースを除いては、なんとか我慢をするというのが必要なのではないでしょうか?。