お金を借りる時には、身分を証明する書類が必要となります。申し込みを行おうとしている人間が、正しい名前や住所を記入しているのか、キャッシング会社が確認するために、身分証明書を求めるという流れです。名前が正しくなければ、返済が滞った時に速やかな返済を要求することができなくなりますから、身分証明はいわば、キャッシング会社にとっての保険というわけです。

一般的に身分証明に使用される書類は皆、キャッシングの申し込みでも使用することが可能な書類となります。運転免許証や健康保険証、住民票にパスポートなど、氏名や戸籍が顔写真と共に確認できるような書類のコピーを提出して、キャッシング利用の際には身分証明を行いましょう。

申し込みの時に提出する書類と、身分証明書に書かれている内容が一致しているかどうかは、審査のチェックポイントの一つですので、くれぐれも書き損じのないように気を付けておきたい所です。名前や年齢、生年月日を間違うことはそう多くはないでしょうが、住所や電話番号は、習慣でうっかり以前のものを記入してしまうという事もあります。引っ越しをしたばかりの人や、携帯電話の番号を替えたばかりの人は、特に注意して記入を行ってください。