カードローンを使用したのは、新入社員になった頃でした。

初任給はアルバイトに毛が生えたような感じで微々たるものです。

しかも、一人暮らしだったから、家賃や食費で貯金どころかマイナスです。

さらに、学生時代は大学進学するために、奨学金を借りてましたから…。返済分はかなり私を追い込んでました。そんな時、ある地方銀行のカードローンの看板を目にしました。

信頼できる地元で有名な銀行ですし、説明してくださった銀行員の方も、リスクを含めながら詳しく安心させるような語りでした。

カードローンを作ってすぐに、恒例の飲み会費用などが発生して、さっそく役立ちました。また、最近のカードローンのカードは、キャッシュカードと同一に作成されていて、周りから見ても区別がつきません。

銀行さんでもプライバシーを考えてくれているのですね。

このようなカードローンは時に、新入社員や若手社員の強い味方となってくれるでしょう。また、こうした新しい環境になると体調も崩しやすくなるものです。私の場合、歯が痛むようになり、歯医者への通院もありました。

クレジットカードが使えない病院だったので、カードローンはとても助かりました。

こうして絶体絶命のピンチ時に活躍してくれるカードローンは現代社会になくてはならない存在です。